八百鮮革命。次の時代をつくる

社員紹介

安井 拓巳(19歳)◎ 2016年入社 ◎ 青果部門/チーフ

「八百鮮に来ると元気がもらえる!」そんなお客さんの言葉に、もっとでっかい仕事を任してもらいたいと向上心が芽生えました!!

高校卒業後にすぐに農業に携わったのですが、流通・小売業にも興味が湧き転職を決意しました。農業の経験を活かし、流通・小売業に携わる条件にぴったりだったのが八百鮮でした。若いスタッフが多く、元気・活気にあふれている雰囲気も入社の決め手となりました。入社して半年ほどで市場での仕入れを少し任せてもらえるようになり、今では野菜と果物の仕入れを一貫して任せてもらえるようになりました。八百鮮には元気があり、人情味にあふれた商売があります。「人」の良さを感じられるいい職場です。経験・年齢・学歴に関係なくでっかい仕事を任せてもらえます。一緒に頑張りましょう!

宮野篤奈 ○2017年入社 ○精肉部門

あたたかく見守ってくれる会社のアットホーム感がありがたい。仕事もプライベートも充実させられる!!

八百鮮にはパートとして入社しました。仕事と子育ての両立に挑戦するためにパートで入社させて頂いたのですが、八百鮮の熱い仲間からの「正社員で働いてみないか」というお誘いを受けて悩んだ末に「エリア社員」という枠を設けて頂き登用して頂きました。大阪への人事異動を伴わないことと子育てに合わせてお休みも融通を利かせて頂いています。そんな働き方も八百鮮のみなさんはあたたかく見守ってくれています。これを機会に仕事もプライベートもますます充実させていきたいです。

行基拓也(29歳)○2010年入社 ○青果部門/店長

創業間もない時から僕は見てきた…八百鮮は「八百鮮らしい」スタイルを貫き通している。

入社した当時は創業間もない会社でしたので労働契約もバイトのような…パートのような…よくわからない契約でした(笑)「八百鮮にはお前が必要」というよくわからない(笑)口説き文句を社長や副社長から言われ…気付いたら店長にまでなっていました。よくわかならいなりにもここでの仕事を続けてこられたのは、熱い仲間がどんどん増えていって自分も負けないようにと頑張って来られたことと、なにをやっても中途半端で弱かった自分を店長を任せてもらえるまで強く育ててくれた八百鮮という環境がなんだかんだ言って好きなんだと思います。自分で仕入れて自分で売る八百鮮のスタイルは大変ですがやりがいの感じられる熱い職場だと思います。

太田 純平(26歳)◎ 2015年入社 ◎ 青果部門/チーフ

お客様から愛される地域で最も元気なスーパー!!楽しみながら仕事をして、自分の伝えたい事を商売で表現する。
そんなやりがいのある自由な職場です

僕は大学で開かれた企業説明会で八百鮮の事を知りました。その時に感じた「とにかく元気で楽しそうな雰囲気」に惹かれて入社に至りました。実際に働いてみるとお客様からお菓子やジュースの差し入れなどを頂くことがあり、お客さんと八百鮮の距離の近さに驚かされました。自分の働きが少しでもお客様の役に立てるように頑張らないといけないなと思うようになりました。将来は僕も店長になってお店を任されたいし、自分のお店をもっともっと有名にしていきたいと思っています。そう思えるくらい、仕事にやりがいを感じることが出来る楽しくて自由な会社です。一緒に楽しく八百鮮しましょう!!

泉裕史(33歳)◎ 2015年入社 ◎ 精肉部門/チーフ

転職するならすべて新しい事からスタートしたかった!未経験だけどどんどん活躍させてもらえる環境が嬉しい!!

大学時代の先輩に誘われて八百鮮という会社を知り入社に至りました。僕が入社した時はちょうど名古屋への進出を計画している最中でしたので、「八百鮮初の精肉事業部をつくるので立ち上げをやってほしい」というお誘いがあり、その言葉が入社の決定打となりました。まったく食品関連の仕事はしたことありませんでしたが、転職するなら、心機一転…新しい場所で新しい職場で新しい仲間とスタートしたいという思いがあったのと、会社自体も新規事業の立ち上げという事で分からないことだらけの環境が逆に僕を熱くさせてくれました。立ち上げこそ大変でした(今も大変です(笑))が、やはり新しい事への挑戦は乗り越えていく充実感がひと味違います。仕事終わりのビールもますます美味しく感じられるようになって八百鮮に入社して良かったです!!

※年齢・所属部門は取材時のものです。

ページトップへ

中途採用の方はこちら 新卒採用エントリー パート・アルバイト採用はこちら